読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

im Augenblick

ドイツ語圏あれこれ

ドイツ映画祭2016 「HORIZONTE」

今年もやってきました、この季節!

 

東京ドイツ文化センターが主催する、

ドイツ映画祭2016 「HORIZONTE」 - Goethe-Institut Japan

 

2016年10月15日(土)から2016年10月19日(水)まで、

六本木ヒルズ内TOHOシネマズにて。

 

ドイツから選りすぐりの最新映画がドドッと来日。

オープニング作品のドリス・デリエ監督『フクシマ・モナムール』を始め、全7作品!

予告編を集めてみました。続きからどうぞ。

 

フクシマ・モナムール 

Grüße aus Fukushima

www.youtube.com

結婚式の直前、式場から逃げ出した若いドイツ人女性マリーは、傷心を抱えて福島への慰問の旅を決心する。被災地の人たちに少しでも明るい気持ちを届けたい と。その試みもうまくいかず落ち込んでいたマリーだが、福島最後の芸者だというサトミという女性と知り合い、帰還困難区域で暮らすことになる。性格が大き く異なる二人の女性の間に、不思議な友情関係が築かれていく。

監督:ドリス・デリエ

出演:ロザリー・トーマス、桃井かおり

(2016年/108分)


 
クリスマスの伝説 ― 4人の若き王たち

4 Könige

www.youtube.com

クリスマスイブだというのに、精神科の病棟で過ごさなければならない4人の若者たち。いきどおりとやるせなさを抱えた彼らに、担当医のヴォルフが付き添って、驚きに満ちたクリスマスにしてくれる。決して忘れることのないクリスマスの思い出。

監督:テレーザ・フォン・エルツ

出演:ヤニス・ニーヴェーナー、イェラ・ハーゼ、他

(2015年/99分)

 


アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
Der Staat gegen Fritz Bauer

www.youtube.com

戦後12年、上席検事フリッツ・バウアーはなおナチス政権の犯罪者を探り出し、責任を問おうとする。その目的に向けて、型破りで時には違法な手段に訴えることさえある。しかし、ドイツ政府の高官がバウアーの仕事を邪魔し続ける。

監督:ラース・クラウメ

出演:ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト

(2015年/105分)

 

 
メテオール通り

Meteorstraße

www.youtube.com
 レバノンからの難民、18歳のモハメドはドイツで生活の基盤を築こうとしている。両親はなく、無鉄砲な兄との暮らしで、バイトをしながら職業訓練校の空きを待ち続ける少年は、自分の進むべき方向を探しつつ、「男」であることとはいったい何なのだろうと自問する。

監督:アリーヌ・フィシャー

出演:フセイン・エリラキ、オクタイ・イナンシュ・エズデミール

(2016年/84分)


24週間 決断の時

24 Wochen

www.youtube.com

コメディアンのアストリッドは、マネージャー兼パートナーのマルクスとの間で二人目の子どもを妊娠中。出生前診断によって赤ちゃんがダウン症と重大な心臓病を抱えることを知ったアストリッドは重い決断に迫られる。赤ちゃんを産むか、後期中絶をするのか?
監督:アンネ・ツォーラ・ベラシェド

出演:ユリア・イェンチ、ビャルネ・メーデル

(2016年/102分)

 


閉ざされた部屋の嵐

Das Wetter in Geschlossenen Räumen

www.youtube.com
途上国開発援助の職についたドイツ人のドロテアは、周りが戦争中にもかかわらず、プロジェクトに寄付を募るため、高級ホテルでチャリティイベントの開催を 重ねる。空しい心の隙間を埋めるため、ドロテアははるかに年下のアレクと麻薬と酒に溺れる過激な夜を過ごすうちに、徐々に状況がエスカレートしてゆく。

監督:イザベル・シュテーヴァー

出演:マリア・フルトヴェングラー、メフメト・ゼーゼル

(2015年/100分)


 
アンネの日記

Das Tagebuch der Anne Frank

www.youtube.com

ごく普通の少女であるアンネはナチス政権から逃がれて、家族とともに隠れ家で生活することになる。13歳の誕生日に日記をプレゼントしてもらったアンネは、日々の体験、希望、夢や恐怖を書き綴る。

監督:ハンス・シュタインビヒラー

出演:レア・ファン・アッケン、マルティナ・ゲデック

(2016年/128分)

 

 

映画祭には監督や俳優も来日しての舞台挨拶やトーク、

オープニングイベントもあるとのことです。

日本での上映が決まっているのは今のところこの映画祭だけ、

という作品も多いので、お見逃しなく!